キャベツダイエットで全然痩せない…どんな方法でも辛い・苦しいという想いではダイエットは難しい

性別:女性

今の年齢:43歳

悩んでいた頃の年齢:13歳ぐらいから今まで

ダイエット失敗歴:

間食抜き → 大好きなスイーツを食べられずストレスがたまりドカ食いした

縄跳びダイエット → 効果が出ないので嫌になって止めてしまった

キャベツダイエット → 即効性が無く、そのうちキャベツに飽きてしまった

炭水化物制限 → 炭水化物を抜くと空腹に耐えられず挫折

ジム → 運動が苦手なので辛くなって止めた

ウォーキング → なかなか体重が減らないので挫折した

 

足が太すぎて憧れの中学の制服が全く似合わなくてショックでした

私は中学時代からずっと太っていてその時の経験が今でもトラウマになっています。

 

中学生になる際に、制服を着られるのが楽しみでした。
制服を着ている女子学生を見て、早く自分も制服を着たい。と憧れていました。

 

しかし、いざ制服を購入し着用すると、周囲はみんな可愛く、自分がイメージした通りなのに、
自分だけ全く似合ってなく野暮ったかったのです。

 

また、小学生の頃はパンツがほとんどでしたが、制服でスカートを履くと、
そこから出ている足も太いので可愛くない。

 

特に、みんなで撮影した記念写真を見たときはショックでした。

 

どうしても自分に目が行ってしまいます。今見ても切なくなるほどです。

 

これから、高校卒業まで続く制服生活です。

 

可愛く制服を着こなして楽しく自信に満ちた学生ライフを楽しみたいと思い、
ダイエットをする決意をしました。

 

太っている、という理由で保健指導されてクラス全員に馬鹿にされました

太っている事で一番つらかった経験は、
中学生の頃に太っている子だけ呼ばれて保健指導されたことです。

 

担任の先生が、無作為に数名を指名し、後で保健室に行くように言われました。

 

何の呼び出しなのかとクラスで話題になりました。

 

そのうち、みんなが気がつき始めました。

 

無作為に呼ばれたのでありません。

 

呼ばれた人達を良く見ると、みんな太めの人達ばかりです。
その事に気がついたとき、まさか?と言う思いでした。

 

冷静に呼ばれたメンバーをチェックして見ると、やはり例外なく太った子ばかりです。

 

気がついてからは、とても恥ずかしかったものの、
それに気がついたと知られる方がもっと恥ずかしいです。

 

そのため、気づかないふりをし、平静を装うのが精一杯でしたが、泣きたいほど恥ずかしかったです。

 

その後、口に出してからかうような発言もありましたが、
自虐的に明るく振る舞ってはいたものの、辛かったです。

 

カロリーをコントロールする指導を受けながらダイエットをスタートしました

とにかく、すぐにでも痩せたいと思いました。

 

幸い、養護教員からカロリーをコントロールするための指導を受ける事が出来ました。

 

この通り守ると痩せられるだろうと思い、指導を良く聞きそれに従いました。

 

指導されたダイエット法は、思春期だったこともあり、無理な食事制限では無く、
間食を控えるという簡単なダイエット法でした。

 

それ以降は、なんとしても痩せてやる。と言う思いで、
毎日食べていた大好きなスイーツも我慢して、ダイエットに取り組みました。

 

間食抜きだけでは無く、運動も積極的にする様になりました。

 

縄跳びを日課にして、毎日欠かさず縄跳びをしました。
縄跳びならば、天気が悪くても家のガレージできます。

 

そのうえ、人目につかずにできるので続けやすかったです。
たまには、家族も付き合ってくれたのも良かったです。

 

ダイエットの効果が感じられずモチベーションが下がってしまいました

間食抜きダイエットなら、それほど空腹感も無いので続けられると思いましたが、
ダイエットを始めてからある程度の時間が経過しても目に見える効果は現れませんでした。

 

ですので、キャベツダイエットにも挑戦しました。

 

食前に生のキャベツを食べてご飯の量も減らしたのです。

 

しかし、一向に体重は減らないですし、何よりも
キャベツばかりが毎日続くのにうんざりしてきました。

 

そのため、初めのうちは高かったモチベーションも次第に下がってきました。

 

それまでは、それほど辛いとは感じずに、楽しく続けられていた縄跳びも、
モチベーションが下がった途端に嫌になってきました。

 

そのうち、恥ずかしいとか、なんとしても痩せてやる。という意気込みも次第に薄れていきます。

 

そんな中で続けるのは、ストレスでしかありませんでした。

 

そして、少しぐらい良いだろうと、チョコレートに手を出したのを機に、
これまで我慢していたストレスが一気に爆発して、ドカ食いをしてしまいました。

 

辛いとか苦しいという想いではダイエットは成功できません

私は運動や食事制限などのダイエットは、
細く長く続け無ければ成功できないと思います。

 

また、キャベツダイエットのような同じものばかり食べる
ダイエットも簡単そうに見えてやってみると辛いんです。

 

少しでも辛いとか、苦しいとかという思いを抱いていたら、
絶対に途中で爆発してしまう。

 

これまでも、様々なダイエット方法にチャレンジしてきましたが、
いつもそこにぶち当たり、挫折してしまいます。

 

また、年齢を重ねるにつれ、次第に代謝が落ちてきているのを感じます。

 

10代、20代の痩せやすかった時期ですら成功できなかったダイエットを、
ここに来て成功できるなど考えられなくなってきています。

 

間食抜きやジムなど様々なダイエットにチャレンジしてきたのにも関わらず、
未だに成功していないダイエットを、今後成功できるとは思えません。

 

すっかり自信も、やる気も喪失しています。



追伸:

本ブログ管理人は今までダイエットで失敗続きでした。

→ 管理人アコのダイエットストーリー


そんな管理人の経験から「ダイエットを必死に努力する事」よりも
「正しい知識」こそが痩せるのに大事だと確信しています。


私の経験を踏まえ、以下の記事を読んでぜひダイエットの
正しい知識を身に着けて頂けたらな、と思っています!

1.食事制限に筋トレ 間違えたダイエット法だと永久に痩せない!正しい知識の重要性を悟った管理人のお話

2.酵素ダイエットが群を抜いて他のダイエット手法よりも痩せる本当の理由

【閲覧注意】「太った女子ってどう思う?」男性へのアンケート結果




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です