「どうしたのその臭い」太って母親に言われた一言で辛いダイエットを決意しました

性別:女性

今の年齢:27歳

悩んでいた頃の年齢:22歳から今まで

購入した商品:ロデオマシーン

効果の有無:なし

 

久しぶりの友達に「どうしたのその体形」と言われてショックを受けました

久しぶりに会った学生時代の友達に

「え、どうしたのその体形?!」

といわれたことで自分の体形の劣化に気付きました。

 

あまりにもストレートに言われたので内心ショックでした。

 

体重は一か月あたりに1キロほど増えていくスピードだったのですが、
自分では体重が増えているけれども体形が変わっているという実感がありませんでした。

 

ただ、フェイスブックなどのSNSで過去の写真アルバムを
複数枚じっくりとみて過去を振り返っていくと明らかにデブになっていました。

 

今の自分が太っているというよりも、過去の自分がやせているという感覚に陥りました。

 

それでも、太っているというようには思いませんでした。
太っていることは認められなかったんです。

 

ただ、過去のスマートな自分に戻りたいな、やせていたなというように思いました。
友達に体形を指摘された際は、自分のことよりもひどいことをいうなという印象でした。

 

ふと思うと太ってから体臭がきつくなっていました

ただ、私も自分がデブになっている事に気付く出来事がありました。
それが日常生活の支障です。

 

例えば、歩いている際や階段を上るときに息切れが激しくなります。

 

ランニングができなくなるようになりました。

 

また、体重増加が原因で膝に痛みを感じるようになったり、動機が激しくなったり、
また、夏などの季節が異常に熱く感じるように身体の変化を感じるようになります。

 

そのせいか、汗をかく量が異常に増えて体臭もきつくなっていたと思います。

 

私は自分で分からなかったんですが母親にそれとなく言われたことがあったんです。
ショックでした。

 

 

体形に自信が持てない、もしかしたら自分は臭いのかもしれない

 

そのいうコンプレックスから、友達に会いたくない、
あまり外にでたくない、基本的に憂鬱な気分になることが
やせているときよりも多くなったと思います。

 

だから私は何とかしようと決意したんです。

 

まずは辛い辛い食事制限をはじめました

過去の写真などフェイスブックなどのSNSで見返したり、
友達から太っているという指摘を受けるようになり、自分が太っている、
いわゆるデブというジャンルの人間になっていると気づいたときは、
なんとかしなければならないという感情に代わっていきました。

 

変化を起こすために、まず食事生活を気を付けるようになりました。

 

お菓子やジュースなど脂肪のもとになる食べ物をできるだけ我慢するようにしました。

 

食事の量も減らして、とりあえずはこれ以上体重を増加させないようにと心がけるようになりました。

 

食べるのは大好きだったので辛くてしんどかったです。

 

でも、体形のために食事の内容を健康的に変えていくようになったんです。
食事制限は少しだけ効果がありました。

 

ジムの筋トレが苦痛過ぎてダイエットにならなかったです

ただ、ジムでの筋肉トレーニングは全くうまくいきませんでした。

 

ジムのトレーナの人から体形改革の基本はまずは、筋肉量を増やして
日ごろの新陳代謝量を増やしていきましょうという目標をたてて
筋肉トレーニングメニューを開始しました。

 

内容は足の筋肉、腹筋、背筋、腕の筋肉を鍛えるという流れのトレーニング内容です。

 

最初に筋肉路湯を測定してから、自分に合った錘で鍛えていく流れです。

 

筋肉量増加が目標だったので、筋肉トレーニングの最中は辛いレベルでした。

 

楽しくない、苦痛時間なので基本的にジムに行くことはつらいという印象しかありませんでした。
そのため、長続きせずに筋トレダイエットは失敗に終わりました。

 

友達がケーキを食べていても私は我慢、女子会にも行けない日々

ダイエットがうまくいかなくて、自分は何をしてもうまくいかない、
これからも成功努力してもあまり効果がないので、これからも自分はやせられないのではないか、
一生デブのままで終わってしまうのではないかという不安と絶望的な感情です。

 

ただただ、過去の写真を見返していつか
この時みたいな体形に戻りたいという気持ちしかありません。

 

少しづつでもいいから努力を続けて少しでも
目標に近づけるようになりたいという気持ちはもちつづけました。

 

食事制限は今でも頑張っていますが辛いですし、
ダイエットは自分との闘いだなって思っています。

 

友達と遊びに行って友達がケーキを食べているのに私は我慢。
女子会にも行き過ぎると太るので行くのすら我慢。

 

正直ダイエットは辛いです。

 

辛い辛いダイエットでも何とか元の自分に戻ろうと今も頑張っています。



追伸:

本ブログ管理人は今までダイエットで失敗続きでした。

→ 管理人アコのダイエットストーリー


そんな管理人の経験から「ダイエットを必死に努力する事」よりも
「正しい知識」こそが痩せるのに大事だと確信しています。


私の経験を踏まえ、以下の記事を読んでぜひダイエットの
正しい知識を身に着けて頂けたらな、と思っています!

1.食事制限に筋トレ 間違えたダイエット法だと永久に痩せない!正しい知識の重要性を悟った管理人のお話

2.酵素ダイエットが群を抜いて他のダイエット手法よりも痩せる本当の理由

【閲覧注意】「太った女子ってどう思う?」男性へのアンケート結果




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です